「主役」の自覚を胸に、
一歩先ゆく技術者へ。

ENDO
MAKOTO

遠藤 誠

  • リニューアル部
  • 2010年 新卒入社
WHY to JOIN

入社のきっかけ

入社前から「リニューアル工事に携わりたい」という意志を明確に持っていました。建築に関わる仕事に進むことは大学進学時から決めていましたが、中でもリニューアル部に決めた理由は、今後その市場が絶対に広がっていくという確信があったからです。アキテムは電気工事・ビル管理・リニューアル工事と着実に技術を積んできた信頼のおける会社だったので、迷いなく入社を決めました。入社直後は他部署も経験しましたが、希望通りリニューアル部でのキャリアを積んでいます。今では改修工事だけでなく新築工事も知識として必要なので、そちらの勉強にも取り組みつつ、常に意識を高く保つよう心がけています。

INTERVIEW

インタビュー

  • 常に「主役」の自覚を持ち、
    現場の品質・安全・工程を守る。

    私は主に建築工事の施工管理を行っており、現場にいることがほとんどです。大規模改修工事や内装工事など規模は様々で、電気・設備工事も複合的に管理するので広範な知識や経験が求められます。
    現場では「常に自分が主役である」という自覚がなければ、確信を持って行動できません。その自覚を胸に、現場において重要な三つの柱「品質」「安全」「工程」を守り続けています。
    「品質」に関しては、日々の成果が如実に現れるので気が抜けませんし、工事の大前提は「安全」であり、進捗の鍵を握る「工程」管理は現場経験が不可欠です。どの要素も高いレベルが求められ、日々のタスクは膨大ですが、どんな現場もなるべく定時で退社して、毎日に全力を注げるようコントロールしています。

  • 自分の施工が、
    喜びの連鎖を生んでいく。

    最も印象深い案件は、私が主体となって進めた、とある結婚式場の外壁大規模改修工事です。工期も長く、営業しながらの作業だったのでとても細やかな気遣いが求められました。複合施設であったため、複数の担当者と密にコミュニケーションを取り合い、さらに騒音に配慮して近隣へのフォローも行いました。苦労した分、完成した時の喜びはひとしおでしたし、お客様だけでなく近隣の方からもお褒めの言葉をいただくことができました。
    無事施工を終えてしばらくした頃、親しい友人の結婚式に招待されたのですが、式場がまさにその現場で驚きました。理由を聞くと「きれいだったから選んだ」と言っていて、とても嬉しかったです。

VISION

今後の夢や目標

さらに自分のレベルを引き上げるために必要な要素として、最近意識しているのが「マルチタスク」と「四次元的な思考」です。具体的に言うと、各案件を常に俯瞰的にとらえ、さらにそこに時間軸を加えて円滑な進行管理を行うことを目指しています。広い現場であればあるほど様々な工事が同時に進行し、全体の把握が難しくなるので、空から見下ろす感覚を習慣づけることで本質を見失わないようにしています。
また、膨大なタスク管理をこなすには知識・経験が不可欠です。当面の目標は、1級建築施工管理技士の取得を通して更にスキルアップすること。お客様をはじめ、現場で関わる全ての人に認めてもらえるような技術者になっていきたいと思います。

OTHER PERSON

他の社員を見る