MESSAGE

リクルートメッセージ

皆様にアキテムで働く上で
大切にしてほしいこと、必要となることをご紹介します。

建物への愛と技術が
豊かな未来を切り拓く。
物語の主役は、あなた自身。

株式会社アキテム
代表取締役 鯉渕健太郎

「技術」+「人」+ 4事業のシナジー
= オンリーワンの企業へ。

アキテムは戦後間もない昭和27年に電気の施工管理会社として発足、その後総合ビル管理、リニューアル工事と事業を拡大し、さらに平成22年にプロパティマネジメント事業をスタートさせました。この4事業を柱に、建物のライフサイクル全体を総合的にマネジメントしています。

この約70年の歴史の中でアキテムが貫いてきた大切な軸が、二つあります。一つは新築工事からビルメンテナンス、改修工事までを行える、多角的かつ高い「技術」です。これはアキテムの財産であるだけでなく、社員一人ひとりの一生物の財産になり得ます。

もう一つは「人」です。対象が建物であったとしても、サービスを提供する相手は「人」であり、協力会社様や仲間など、周りの「人」の協力なくして、価値ある建物は完成し得ないのです。また、企業として社員である「人」を大切にしていることは言うまでもありません。

「技術」と「人」、そして4事業のシナジーを組み合わせながら、アキテムはオンリーワンの企業を目指しています。

自ら考え、自ら動く。
その「場」の主役は自分。

私たちが採用において最も重視するのは、「自ら考え、物事を推進できる力」です。何事にも主体性を持って学ぶ姿勢を持つことで、高い技術を早いうちから自分のものにすることができます。この自律した心がある人は、次世代の新しい働き方にも順応していけるでしょう。大切なのは専攻や前職の専門性よりも、一つの物事にどれだけ打ち込んできたかという事実や、周囲と共に挑戦していける人間性です。

アキテムで働くおもしろさを挙げればキリがありませんが、一つは自分自身の働きによって、建物が目に見えて変わることです。社長である私自身の経験からも自信を持って言えますが、一つひとつの「場」で努力した成果が、そのまま建物に現れます。どのシーンにおいても主役は自分であり、他の誰かがとって代わることはできません。

また、五感を使って仕事ができることもこの仕事ならではの楽しみです。現場の気温や、素材に触れ、自らの感覚で本質に迫っていく。この感覚に面白さを感じられる方は、絶対に伸びていくと思います。

株式会社アキテム 代表取締役 鯉渕健太郎 Let's join!

応募をお考えの皆様へ

今、世界は常に変化し続け、社会に確実性を求めるのは難しいのが事実です。しかし、私たちは確固たる二つの軸「技術」と「人」を貫くことで、建物を通じて社会に貢献し、豊かな未来を切り拓いていけると信じています。

皆様に伝えたいのは、失敗を恐れないチャレンジが明日の自分をつくるということです。もちろんチャレンジには多大なエネルギーが必要であり、失敗がつきものです。私自身、今までの人生で数々の失敗を経験してきました。しかし振り返ってみると、失敗の方が鮮明に記憶に残り、結果的に学びに繋がっています。

建物への興味が少しでもその胸にあるのなら、どうか恐れずにアキテムの門を叩いてください。あなたの活躍は、この社会の未来につながっています。どん欲に、泥臭く、そして熱さを持って、共に成長していきましょう。