Property Management

建物に心で接する。

建物という資産を長期的に活用し、維持することを考えているオーナー様のために、建物の特性に合わせた適切な運用行うのがプロパティマネジメント部門です。
ビル自体を把握するだけではなく、テナントとのコミュニケーションなども重要になってきます。

プロパティマネジメントとは?

「所有と経営の分離」という考え方をベースに、ビルオーナーに代わって専門スタッフ(プロパティマネージャー)が、不動産の資産価値を最大限に高め運用していく手法を一般的に「プロパティマネジメント」といいます。

一般的な
プロパティマネジメント

リーシング(賃借契約の仲介業務など)や、テナント対応等実務において重要な部分だけではなく、収支計画・予算管理・エンジニアリングレポート、更にはLCC(中長期修繕計画)を策定するなど、多岐に渡りビルオーナーにとって価値のあるサービスを提供するのが本来のプロパティマネジメントです。
これらのサービスは全てにおいて、非常に重要です。

しかし、今あるビルという資産を「永続的に維持」することを原則として考えるオーナー様にとっては、必要以上のサービスがあるかもしれません。
特に、中小のビルオーナー様にとって、固定経費としては割高感を感じるケースも珍しくありません。

Feature

「今、必要な部分」だけに特化した
リーズナブルなサービス

アキテムは、中堅、中小のビルオーナー様にとって、「今、必要な外部へ委託したい部分」だけに特化し、且つリーズナブルな料金設定で不動産経営をお手伝いします。
一般的な
プロパティマネジメント
アキテムの
プロパティマネジメント
PM業務範囲 出納業務、渉外業務、管理企画業務、事務業務について、フルサービスで対応。 標準サービスは、出納業務、渉外業務。
それ以外はご要望に応じて、オプションとして提供。
CM・BMの扱い 外注ビル管理会社、施工会社へ依頼。
※一部、自社内でノウハウを有する企業もあり。
CMは当社の「リニューアル部門」、BMは当社の「ビル管理部門」と、それぞれ自社内の専門部門が対応。
費用 賃貸収入の2〜5%程度。
小規模物件においては最低月額料金を設定。
テナント数・規模に応じ、月額料金を設定。
対象とするビル PM会社による。 原則、アキテムのビル管理業務を締結している顧客が対象。
1
標準メニューで
リーズナブルに
ビルオーナー様に最も負担のかかる出納業務・テナント対応(交渉、滞納督促等)のみを標準メニューに設定。
2
緊急性の低い項目を
オプション化
管理企画や収支報告、エンジニアリングレポートやLCC計画など、緊急性の低いサービスはオプションメニューに。
3
各部門の技術者が
対応
BMは総合ビル管理部門が、CMは新築工事の技術力から培ったリニューアル部門が、ご要望に応じて対応いたします。

本来必要なことだけを
お願いできるのでリーズナブル、


BMとテナント管理が同じ会社なので
スピード感があります。

Reason

なぜ、リーズナブルな価格で
提供できるのか?

PM会社にとって、業務負担(コスト)のかかる部分は出納業務、そしてテナントとの交渉業務です。 アキテムは、マンション管理業務を通して出納業務のノウハウと体制を構築していますので、精度の高い確かな業務を遂行することを可能にしています。
また、ビル管理業務を通して常日頃からビル自体を充分把握しており、テナントとのコミュニケーションも図れていますので、トラブルがあった際も、過剰な人的コストを要さずに管理会社ならではの的確な対応が可能です。

Works

More works

Contact

アキテムへのサービスや、各種業務に関するご相談、
採用、その他お申し込みについての
お問い合わせを受け付けております。

Report

アキテムでは、一級建築士・一級施工管理技士による建物の診断を行います。
建物の状態がひと目でわかる詳細レポートを元に、
大規模改修工事の必要予算や、どのような工事が必要か等、
お客様の建物を無料で診断いたします。

Inquirement

私たちは、建物のプロフェッショナルです。
お悩みの際は、是非お気軽にご相談ください。
ご希望の方は、資料請求も受け付けております。

トップページ事業内容プロパティマネジメント