電気設備工事

電気設備工事

人が生活するビル・マンションの新築工事が中心です

電気設備工事の業域は多岐に渡ります

 電気設備工事の仕事は、通常は「ハコモノ」と呼ばれるオフィスビル、マンション、学校など建物の電気設備工事があります。また、この他に屋外の外線工事、トンネル照明、外灯、原子力、プラント、工場など多岐に渡ります。

アキテムは人の関わりが多い電気設備工事を大切にしてきました

 アキテムは人が好きです。人を大切にします。人が生活し活動する場所、オフィスビルや集合住宅、病院やホテルなどの建物を中心に電気設備工事を行ってきました。この姿勢が、のちの業務多角化による「ビル管理業」「リニューアル工事業」に繋がったといえます。

  • オフィスビル

    オフィスビル

    マンション

    マンション

  • 学校

    学校

    研究所

    研究所

  • ホテル

    ホテル

    老人介護施設

    老人介護施設

  • 病院

    病院

    劇場・体育館

    劇場・体育館

電気工事代理人はお客様への気配り精神が醸成されます

 電気設備工事の現場監督者を「現場代理人」と呼称。現場代理人は下図のように様々な分野の人たちと打ち合わせをし協力し合ってひとつの建物を造りあげていきます。人と人とのコミュニケーション能力が当然のことながら要求されるのです。
 このような環境で育ったアキテムの電気工事現場代理人は人に対して気配り精神が醸成されていきます。この人材がアキテムの「ビル管理部門」でも大いに活躍しています。

電気設備工事

Copyright 2014 Akitem Co.,Ltd, All Right Reserved