リニューアル工事

リニューアル工事

計画的な工事を提案し、工事費のコスト削減と建物の資産価値向上を目指します

 ビル建設費の3倍必要となると云われるビルの維持管理費(LCC)を抑えます。また、建物診断書により、現状把握と将来どういった設備工事が必要になるのか知ることができます。

建物は100年間使用する時代になりました

 建物の企画、設計から施工、そして建物の使用、解体、除去までの生涯に必要な全費用をLCC(ライフ・サイクル・コスト)といいます。
 建物の生涯費用として目立ちやすい建築費ですが、実はLCCの中の約1/4を占めるにすぎません。LCCを見渡すと、いかにその他の維持管理、運営管理費用が重要かわかります。
 だからこそ、リニューアル工事を施工するにあたり、アキテムでは常にLCCを意識したご提案をさせていただくのです。

少なくとも30年先までの長期修繕計画を立てましょう

 将来的にいつ、どれくらいの改修工事が必要となるのか・・・。あらかじめ30年スパンでの概算工事費を知っておくことが、建物を経営するうえで重要です。また、早過ぎる改修工事などを提案することはありません。改修工事の的確なタイミングを読み、改修工事による出費を遅らせるよう工夫します。

無料建物診断で10年以内の必要工事を把握しましょう

 アキテムでは、当社の行う各種工事や管理をご相談のお客様に無料建物診断をご用意しています。定期的に建物を診断し報告書を作成することで、お客様の建物の現状を把握し、将来的にどのような工事が必要になるかを確認できます。

>無料建物診断を詳しく見る

Copyright 2014 Akitem Co.,Ltd, All Right Reserved